満腹感と敗北感の奇妙な同居
あまりの空腹に目が覚めた。
「あ…メシ食うの忘れてた;」

このまま寝続けようか?とも思ったのだが、
一度気になるとダメですね。

「腹減った腹減った腹減った腹減った腹…」
呪文のように唱えながら、テーブルの上にあった500円玉を握りしめ、
どうでもいい服を着てコンビニへ。

「喉が渇いたからビールも買って…」
所持金は500円。ここで弁当類というチョイスは100%消えました。
手持ちのお金と空腹感のバランス。
消去法で導き出される答え…。
それはもちろんカップラーメンなのです!。

今夜はなんとなく、食べた事がない一品を手にしたい気分。

d0017339_57587.jpg
「これだ!」
顔馴染みの店員に「これってどうっすか?」
と質問してみるも、「どうなんでしょうね〜?俺も食べてないから…」

もういい!
俺の生き様見せてやる。

d0017339_581277.jpg
お湯を沸かしながら、パッケージを開けてみる。
うわはははw
予想通りの展開に、もはや笑みすらこぼれてしまう。

そして待つ事3分。
出来上がりの写真も撮ったのだが、あえて自主規制

おもむろに一口…
「うわっw」

この感覚、匕 廾 ∪ ┐'` L| ☆

予想通りどころか、予想以上の破壊力!。
『sex pistols以来の衝撃』とは、こういう時の為の言葉かもしれません。


d0017339_58338.gif
なぜかflashなのがまた泣けるメーカーのHP

消費者目線の冷静なレポートはこちらのblogが秀逸かと思います。




you can make it if you try/THE ROLLING STONES
 
[PR]
by twisted.nerve | 2005-04-21 05:25 | 雑文


<< 語呂とリズムとアフリカ人 赤い洗面器の男 >>