絶望という名の地下鉄
地下鉄に乗っていると、たまに息苦しく感じる事がある。

騒ぐガキ。
それを注意しない母親。
デパ地下惣菜の臭いをまき散らすビニール袋を下げた主婦。
ヘッドフォンからの音漏れ(オレンジレンジですか、そうですか)。
エロ記事広げたオッサン。
奇声をあげる、ちょっと遅れちゃった子(君はしゃあない。悪くない)。
サラリーマンによる陰口大会。

蛍光灯の白過ぎる明かりの下は、
動物園みたいだ。

反対側の窓に写った、
イライラする俺の姿は、
檻の中で絶叫寸前のオランウータンみたいだ。

d0017339_1431796.jpg
という訳で、
一駅手前の駅で降りてみた。

夕方の空がキレイだった。
これなら、二つ手前で降りても良かったかな。

小麦色の斜面/THE BLANKEY JET CITY
[PR]
by twisted.nerve | 2005-04-26 23:17 | 雑文


<< 朽ち果てる術 列車事故に思う >>