宵待ち 酔い待ち
形あるものならば、壊れぬように大事にすればいい。
汚れることを嫌うならば、
重いガラス扉のついた棚にでも飾っておけ。

今日までの宝物は、
明日クズかもしれない。

新陳代謝。
ロン毛のアンダーヘアーは、あり得ない。

ギネスブックで見た、
世界一爪が長い人。

そこに意味は、
あるのだろうか?。

垂れ流しの電波、
発情する雌猿の尻は、
痛々しい程、真っ赤に腫れている。

魚の内臓を
人さし指でほじくり出す午前零時。

d0017339_3312767.jpg
「私は、また見つけた。何を? 永遠を。 海に溶け込む太陽を。」

『気狂いピエロ』のラストシーン。
自らの顔にダイナマイトを巻き付けて火をつける男の気持ちは、
出来れば一生理解したくはない。

ふらりと入った喫茶店の窓際で思った。


時速3cmだって、
別にイイじゃねえかよ。


暴れ出す/ウルフルズ
[PR]
by twisted.nerve | 2005-04-29 00:27 | 雑文


<< 二日目の煮魚は更にウマイ あいまいテンション >>