公園にて
d0017339_2238527.jpg
光の届く距離。
吐き出した煙の行方。

湿り気を帯びた土。
散らばった桜の花びら。


透明になったふりをして遊んでいたのに、
宗教勧誘。

「あなたの幸せを祈らせて下さい」
「どうぞ御自由にお祈り下さい」
「神様を信じていますか?」
「会った事がないから、信じるも信じないもありません」

腰を下ろしたベンチの、すぐ後ろで、
子供達は無邪気に蟻を踏みつぶしていた。

「神様は見ていますかね?」

透明になったふりをやめて、
地下鉄乗り場に急いだ。

吐き出した煙は、
あの光に照らされるところまで届いたのだろうか?。

月の流す涙/GALAPAGOS
[PR]
by twisted.nerve | 2005-05-30 23:30 | 雑文


<< 屈折した光 占い嫌い >>