二子山親方の思い出
d0017339_3325048.jpg大相撲の元大関貴ノ花で、若乃花、貴乃花の父でもある二子山親方が亡くなった。
55歳、口腔底癌だった。


私が小学校の3〜5年生の途中まで通っていた小学校には、
『花田君兄弟』が在学していた。
後の若乃花が一学年上に。
後の貴乃花が一学年下に。

3学期の始業式には、なぜか、二子山親方の新年の挨拶が恒例の行事だった。
子供心に「関取の新年の挨拶は、学校に関係ないだろ?」
と思っていたのだが、間近で見るお相撲さんは、始業式の楽しみでもあった。
長い夏休みの後の、憂鬱な2学期の始業式との空気の違いは、誰の目にも明らかだった。

今となっては、二子山親方がどんな話をしていたのかは、
全くと言っていい程憶えていないのだが、
子供の目線から見た、親方の体の大きさ(関取としては細身だったのかもしれないが)に、圧倒されたのは、はっきりと記憶している。

あんなに大きくて、強そうな人の命をあっさりと奪っていく癌細胞って、
どれだけ強いんだよ?。

御冥福をお祈りします。


cocktail/DOKTOR KOSMOS
[PR]
by twisted.nerve | 2005-06-01 23:04 | ニュース


<< 「コレどうだい母さん?」「もう... 屈折した光 >>